テレビでも話題になった肥満治療薬

テレビで話題になっただけの効果があるゼニカルを検証いたします。

肥満治療薬よりも健康的に痩せるのは縄跳び

健康的に痩せるために縄跳びをする女性2000万人もいるという肥満症患者ですが、現在肥満治療薬の開発が急がれています。現在のところ3種類の肥満治療薬が開発されていますが、しかし、厚生労働省によって認められている肥満治療薬は一種類だけです。肥満治療薬と聞くと、服用するたびに脂肪が減っていくというイメージを持つ人もいますが、そうではありません。この肥満治療薬は摂食中枢に働きかける薬で、食欲を抑制するという働きをします。その結果、減量するという仕組みです。この薬は病院で処方されるもので市販では販売されていません。肥満治療薬は、インターネットを通して個人輸入することもできますが、偽薬が多いためおすすめできません。肥満治療薬で痩せるというのは夢のような話ですが、しかし副作用もあります。副作用としては睡眠障害が抑うつ状態などがあります。また、便秘や嘔吐するといった症状も認められています。そのように肥満治療薬には様々なリスクがあります。そうしたリスクを覚悟の上で使用する必要があります。そうしたリスクを避けて健康的に痩せるには、やはり運動が一番といえます。運動といっても様々な方法がありますが、おすすめの一つは縄跳びです。縄跳びは健康的に痩せる最適な方法の1つです。縄跳びによって消費されるカロリーを他の運動と比較してみます。例えば体重が50kgある25歳の女性の場合ウォーキングを1時間すると158kcal が消費されます。ジョギングの場合には367kcal ですが、縄跳びの場合は1時間あたり436kcal にもなります。もちろん縄跳びを1時間行なうことは難しいですが、しかし、効率よくカロリーを消費することができる運動といえます。薬でダイエットするよりもずっと健康的に痩せることができます。